スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

マンションの資産価値を見極めるポイントとは?

マンション選びの基準は色々あるものの、重要なものの一つは資産価値。

新築だろうが中古だろうが、転勤などで住み替えが必要になる可能性は誰にでもあるわけで、資産価値が維持できるマンションを購入するのが望ましい。

マンションの資産価値を決める要素は以下の通り。

・立地(駅距離、隣のマンションとの距離、商業施設へのアクセス)
・建物の構造
・共有施設
・方角、日当たり
などなど。

ただ、マンションの資産価値の大半は立地です。

これは断言できるのではっきり言いますが、立地です。

とりわけ都内では駅距離がもっとも重要です。

なぜなら、都内のほとんどのマンション購入者は駅を利用して出勤しています。

車を持たない人も多い(特に都心では)。

駅距離が10分以内であれば、とりあえず第一関門クリア。

5分以内であれば、いわゆる駅近と言われる物件に入ります。

東京は鉄道網が世界でも有数に発達しているため、車よりも電車を使う都市なわけです。

そこの不動産は駅距離で決まります。

建物の構造なんて、10年も経てば大差ありません。どれも修繕が必要になります。

共有施設もしかりです。豪華タワーマンションにはプールやらジムやらがついてますが、資産価値に与える影響は軽微です。

関連記事
22 : 43 : 04 | 新築・中古マンション | コメント:(0) | page top↑
<<湾岸の中心都市『豊洲』のマンション事情を考える | ホーム | タワーマンションのメリット・デメリット>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

Sponsored by Google

Sponsored by Google

プロフィール

さこはる

高級住宅街の某高級マンション在住のさこはるです。主に都内の不動産情報に加えて、住宅ローンや金利動向などについても情報提供していきます。東京オリンピックに向けて地価上昇が著しい都心三区、湾岸エリアを中心に新築・中古マンションへ実際に訪問し、これからマンションを購入する方、売却を検討している方、不動産投資を検討している方のお役に立てれば幸いです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

新築・中古マンション (10)
住宅ローン・金利 (0)
エリア情報 (0)

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。