スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

タワーマンションのメリット・デメリット

アベノミクスが始まった2012年以降、マンション価格の上昇が続いている。

足元では一服感が出てきているが、都心3区と湾岸エリアは2020年のオリンピック開催決定もあってか、不動産価格の上昇が著しい。

概ね2割前後マンション価格が上昇している。

とりわけ都心3区や湾岸エリアでは、新築タワーマンションの供給が増加しており、都心3区だと坪400超が普通になっている。

割安感がある湾岸エリアであっても、坪350~400の領域に入っている。

ちょっとしたバブルという表現がふさわしいほどの不動産市場の活況である。

ただ、一方で販売が好調なタワーマンションというのは、ここ10数年で一気にメジャーになったマンションの形態であり、通常の板状マンションとは違ったメリットデメリットがあることを認識する必要がある。

以下にタワーマンションのメリットデメリットを書き出してみたい。

○タワーマンションのメリット
・眺望がいい
・近隣の目を気にしなくていい
・日当たりがいい
・共有施設が多いことが多い。
・見た目が豪華

○タワーマンションのデメリット
・制震構造、免震構造
・窓が開けれない
・窓が開けれても風が強いときには開けられない
・バルコニーが小さい、若しくは、ない。
・バルコニーがあっても洗濯物は干せない。
・地震に備えて棚などを固定をするためのビスなどが壁に打てない
・エレベーターで長く待つ
・高層階は壁紙や箪笥が日焼け
・夏は24時間クーラーが必要
・窓を開けると外の声や音が意外なほど大きい
・管理費、修繕費が普通のマンションの2倍から3倍程度
・マンション価格自体が高い
・駐車場代が高い

はっきりいってデメリットのほうが大きいというのが実情ですが、
タワーマンションの付加価値の源泉は、眺望に尽きるのでないでしょうか。
板状マンションではタワマンのような眺望は不可能です。
つまりは、タワマンを購入するというのは、半永久的な眺望を買うという行為に等しいわけです。

豪華共用施設については、大規模タワマンに当てはまりますが、割高な管理費、修繕費を毎月支払うことになるので、
板状マンションであっても、近隣のジムなどに会費を払えば同じサービスが受けられますので、タワマンの付加価値の源泉とはいいづらいものです。
関連記事
22 : 36 : 19 | 新築・中古マンション | コメント:(2) | page top↑
<<マンションの資産価値を見極めるポイントとは? | ホーム | 有楽町線延伸(豊洲~住吉)について>>
コメント:
他の記事が興味深かったのでこちらも拝見したのですが、実際の住民の立場からするとちょっと違和感がある部分が多かったのでコメントさせていただきます。

○タワーマンションのメリット
>・眺望がいい
>・近隣の目を気にしなくていい
>・日当たりがいい
>・共有施設が多いことが多い。
>・見た目が豪華
加えて以下のような点も挙げられます。
・資産価値が比較的下がりにくい
・セキュリティが高い(マンションの入り口→エレベーターホールの入り口→エレベーターのボタン→自分の玄関と4重ロックの物件もある)
・住人専用のコンビニやミニスーパー
・(高層階は)蚊やゴキブリ等の害虫被害がほぼ無い
・防音性能が良い=上下左右の生活音があまり気にならない
・密閉度が高い=空調の効きが良い


○タワーマンションのデメリット
>・制震構造、免震構造
これはデメリット?

>・窓が開けれない
>・窓が開けれても風が強いときには開けられない
(構造上開閉できない窓でなければ)
風が多少強くても開けられますよ
台風とかで開けられない=開けると危険などはタワマンに限った事ではないですよね

>・バルコニーが小さい、若しくは、ない。
>・バルコニーがあっても洗濯物は干せない。
バルコニーの大きさは戦略や設計に寄ります。
ない=敢えてバルコニーを作らずダイレクトウインドウで眺望を確保することを売りにしている部分もあれば、板状マンションよりも大きな2m近い幅のバルコニーがある物件も多くあります。
更に、洗濯物OKなタワマン多いですよ。
最近だとNGのとこの方が見たことないです。

>・地震に備えて棚などを固定をするためのビスなどが壁に打てない
これはタワマンに関係なく、隣の住戸や共用施設と接する壁だと壁芯を越えてビスや釘を打つのはダメですが、
自分の専有部のみに接する壁であればビスも釘も打てますし、構造上許されれば壁を取っ払ってリフォームすることだって可能です。

>・エレベーターで長く待つ
これは当てはまるとこが多いですね。
しかし、最近は低層・中層・高層それぞれ使えるエレベーターを完全に分離している物件もあるので板状マンションと比べて必ずしも遅いとは言えないかもしれません。

>・高層階は壁紙や箪笥が日焼け
>・夏は24時間クーラーが必要
>・窓を開けると外の声や音が意外なほど大きい
上記3つは方角や立地、周辺施設に依存するところが大きいのでタワマン固有のデメリットとは言えないと思います。

>・管理費、修繕費が普通のマンションの2倍から3倍程度
>・マンション価格自体が高い
>・駐車場代が高い
上記3つは当てはまるケースが多いですね。


>はっきりいってデメリットのほうが大きいというのが実情ですが、
ということで、この結論付けはちょっと安直というか根拠足らずという気がします。

挙げられていないですが、一番のデメリット(リスク)と感じるのは「大規模修繕に必要なコスト」だと思います。
タワーマンションはまだ歴史が浅いため、大規模修繕(エレベーター交換、外壁塗装・補修、免震・制振装置の交換、建替え等)の事例が極端に少ないです。
その為、本当に修繕計画通りに行くのか誰も分からず、もしかしたら全然不足して1戸当たりの負担が跳ね上がってしまうかもしれません。
更に、タワーマンショは世帯数が多い傾向があるため、空室率が高くなると積立金が十分に集まらない可能性もあります。
by: 通りすがりのタワマン住人 * 2016/02/15 23:03 * URL [ 編集] | page top↑
間違ってる
デメリットはだいぶ偏見と誤りばかりだから、訂正するなり削除したほうがいいよ?
by: 匿名 * 2016/02/25 09:58 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

Sponsored by Google

Sponsored by Google

プロフィール

さこはる

高級住宅街の某高級マンション在住のさこはるです。主に都内の不動産情報に加えて、住宅ローンや金利動向などについても情報提供していきます。東京オリンピックに向けて地価上昇が著しい都心三区、湾岸エリアを中心に新築・中古マンションへ実際に訪問し、これからマンションを購入する方、売却を検討している方、不動産投資を検討している方のお役に立てれば幸いです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

新築・中古マンション (10)
住宅ローン・金利 (0)
エリア情報 (0)

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。